トラブルシューティング

1か所だけお湯も水も出ない。
配管の不具合やバルブの故障、一部配管の凍結などの可能性があります。
また、水栓の不具合が考えられますので、水栓の交換もしくは修理が必要になる可能性があります。
複数箇所のお湯または水が出ない場合には?
原因としては、下記のようなことが考えられます。
・断水している。
・給水バルブが閉まっている。
・給水配管が凍結している。
・リモコンのスイッチが入っていない。
原因によって対処方法が変わってきます。給水配管が凍結している場合は、配管にお湯をかける等して、配管内の凍結が解消されれば、お湯が出てくる可能性があります。
熱いお湯が出ない、またはお湯がぬるい(一部の水栓のみの場合)
水栓金具の不具合かと思われますので、水栓金具の修理もしくは交換が必要です。
熱いお湯が出ない、またはお湯がぬるい(すべての水栓で同様な場合)
何らかの給湯器の不具合かと思われますので、給湯器の修理もしくは交換が必要です。
お湯にならない。(普通に水は出る)*他のガス器具も使えない場合
原因としては、下記のようなことが考えられます。
・ガスメーターが遮断している。 → ガスメーターの復帰操作を行ってください。
・ガス栓が閉まっている。 → ガス栓を開いてください。
・ガス切れ(プロパンガスの場合)。 → ガス会社にご連絡いただきガス容器の交換をしてください。
お湯にならない。(少量の水は出る)また、リモコンの燃焼ランプが点かない。
原因としては、下記のようなことが考えられます。
・給水フィルターが詰まっている。 → フィルターの清掃。
・給水バルブや給水栓が充分に開いていない。
・水栓金具の不具合。 → 水栓金具の修理や交換が必要。
温度が安定しない。(1ヶ所の水栓のみの場合)
水栓金具の不具合かと思われますので、水栓金具の修理もしくは交換が必要です。
温度が安定しない。(すべての水栓で同様な場合)
何らかの給湯器の不具合かと思われますので、給湯器の修理もしくは交換が必要です。なお、リンナイ製で「ゆらぎのシャワー機能」をお使いの場合は、温度が上がったり下がったりします(異常ではありません)。
設定温度の変更が出来ない。
優先切り替えの出来るリモコンの場合、操作しているリモコンが優先になっていない場合は、設定温度の変更が出来ません。また、2004年以前に製造された機種の場合、ふろ設定温度のお湯が出る機種もあります。
黒煙が出ている。
給湯器、湯沸かし器から使用中に煙が出る、ガス臭い等の異臭が発生する、追い炊きの臭いが気になる、といったトラブルがある方はこちらをご参照ください。
排気口や排気トップから白煙が出ている。
冬に吐く息が白いように、排気ガスの中の水蒸気が白く見えます。恐らく異常では無いかと思いますが、状況によっては点検をした方が良いかもしれません。
給湯器を設置して間もないのに臭いがする場合。
給湯器の組み立て時に使用する機械油が、燃焼時に混ざって異臭を発生させる場合があります。(異常ではありません。)
酸っぱいにおいがする。また、排気口に顔を近づけると目がチカチカする
給湯器の不具合が考えられます。早急に修理か機器の交換が必要になります。そのままお使いになるのは危険ですのでご使用しないようにしてください。
ガスくさい。
プロパンガス(LPガス)をご使用の場合、ガスの残量が少なくなっている際ににおい成分が臭って、ガスくさくなる場合があります。この場合は異常ではありませんが、ご心配な場合は、ガス供給会社にご連絡ください。また、機器との接続部や、機器内でガス漏洩している可能性もありますので、念のため点検をしてください。
ピーという笛のような音がする。
空気とガスのバランスが崩れている場合や、ファンモーターという部品の不具合が考えられますので、修理もしくは機器の交換が必要になります。
運転を中止しても、しばらくの間、ファンの回転音がする。
再使用時の点火をより早くするため、また、再使用時にお湯の温度を早く安定させるために機器が作動していますので、異常ではありません。通常、3~5分程度で止まります。
ポンプの回転音がする。
追焚操作終了後、お湯を混ぜるためにポンプがしばらく作動することがあります。また、ふろ予約時、予約時刻の前に残り湯のチェックのためにポンプが作動します。また、気温が下がると、凍結予防のためにポンプが作動します。いずれも異常ではありません。
壁伝いに振動音がする。
給湯器の振動が壁に伝わっているものと思われます。この症状を軽減するためには、防振金具の使用やパッキンの設置等の方法があります。
風呂釜などで釜鳴りがする。
循環パイプの勾配が不適切な場合にこのような音がする場合があります。
配管から共鳴音がする。また、水栓金具を締めた時に配管内でキーンやゴーンといった共鳴音がする。
ウォーターハンマー現象が起きているものと思われます。チャッキ弁等の配管内の圧力を低減する装置を組み入れることによって、症状が緩和される場合があります。
ピー・ピヨピヨという音がする。
電源が入っている状態であれば、かすかにピー・ピヨピヨといった音がしますので、異常ではありません。
点火する時に、変な音が聞こえた後ボンと小さな爆発音が頻繁に起き、部屋がガス臭い状態になる。
お使いの給湯器が不完全燃焼を起こした際にみられる現象の可能性があります。ガス漏れの可能性もありますので修理もしくは機器の交換が必要になります。
台所でお湯を出すと、浴槽の循環金具からお湯(水)が出てくることがある。
給湯でお湯を使用すると、機器内の水が膨張して過圧防止安全装置がはたらくために起きる現象で、異常ではありません。お湯を使用すると、機器内にたまっている水が熱で膨張して、追焚配管内に残っている水が押し出されてこのような現象が起きます。
自動湯はり中に途中で止まる。
自動湯はり機能付の機器は、浴槽内にお湯が残っているかどうかを確認してから、お湯はりをします。そのため、最初に少しお湯を出して浴槽内にお湯があるかどうかを確認してから、お湯はりを始めますので、途中で止まるのは故障ではありません。また、自動湯はり中に台所や洗面所などの他の水栓でお湯を使った場合は、湯はり運転を一時中断します。お湯を使うのをやめると湯はり運転が再開します。
お湯が白く濁る。
白く濁るのは、お湯の中に小さな気泡(空気)が混じっているからです。水に溶けている空気が加熱され圧力が上がり、水栓出口で急に減圧されることにより、元の気体に戻り、細かい泡状となり白濁状態に見えます。体に対しては問題はありません。
青い水やお湯が出る。
お湯に銅イオンが溶解して排出されることが原因かと思われます。健康に害はありませんが、症状がひどいようであれば、水道業者にご相談ください。なお、浴槽や洗面台に着色した場合は、まめに洗剤とスポンジで清掃するようにしてください。 なお、浴槽のお湯が青く見える場合、浴槽の色彩と光線の反射で、特にアイボリー系の浴槽は視覚的に青く見えることがあります。
追焚をしても設定温度にならない。(ふろの上下で温度差がある場合)
原因としては、循環金具のフィルターがつまっていることが考えられます。フィルターを清掃することによって、解消されるかと思います。
追焚をしても設定温度にならない。(いつもより早く湧き上がる場合)
循環金具のフィルターがはまっていないことが考えられます。正しくフィルターを取り付けてください。
追焚をしても設定温度にならない。(循環金具のフィルターが詰まっていない場合)
旧型の循環金具の可能性があります。以前に採用されておりました循環金具は、現在の循環金具に比べて内部抵抗が大きい場合があり、うまくお湯が攪拌されず、設定温度まで沸き上がらない温度調節不良の不具合が起こる可能性があります。この場合は、循環金具を交換すれば解消するかと思います。なお、循環金具の交換が出来ない場合は、追焚をしている最中にお湯を攪拌すれば解消されるかと思います。また、給湯器内部のポンプ等の部品の不具合も考えられます。
自動湯はりをする際に設定した湯量にならない。
フルオートタイプの機器の場合は、機器に記憶されている水位に異常がある場合があります。この場合は、一度水位をリセットしてみてください。それでも解消されない場合は、機器の不具合が考えられますので、機器の修理もしくは交換が必要になります。 オートタイプの機器の場合は、若干バラツキが出ます。特に残り湯がある状態で自動湯はりをしますと、設定湯量より多くお湯はりされます。
白や黒の湯垢が良く出る。
硫黄を含む入浴剤の使用、または入浴剤の成分によっては、追焚中に黒く変色するものがあり、湯垢として循環口より排出される場合があります。入浴剤のご使用をやめてください。
排気口のまわりが錆びる。
給湯器の排気には水分が含まれますので、排気口の周囲は錆びやすくなります。なお、エコジョーズタイプの機器は、商品の性質上、排気温度が低いため排気が上に上昇しづらく滞留しやすいという特性があります。 そのため、排気口近くに金属製の扉や壁、フェンスなどがある場合は、変色やサビを防ぐために排気方向を変更する部材を設置した方が良い場合があります。
給湯器の中から水漏れしている。
機器内部の缶体もしくは配管接続部からの水漏れが考えられます。機器の修理もしくは交換が必要になります。
おふろを使用していないのに浴槽の風呂循環アダプターからお湯が出る。
お湯を使うと機器内があたためられて、配管に残っている水が風呂循環アダプターから出ることがあります。その場合は故障ではありません。凍結防止のためにふろ用の循環ポンプが運転した場合に、ふろ給湯機器本体内の残水が吐出されます。 (自動ふろ配管クリーン機能付きの給湯機器の場合)自動ふろ配管クリーンがはたらくと、循環アダプターからお湯が出てきますのでその場合は故障ではありません。
以前よりシャワーの水圧が弱い・水の出が悪い。
台所や浴槽の水圧は特に弱くなっていないのでしたら、シャワーに内蔵されておりますストレーナーに水垢やゴミが詰まっている可能性がありますので一度お掃除してみて下さい。また給湯全体の湯量が少ないようであれば給湯器の給水側にあるストレーナを清掃してみてください。

【便器】便器の寿命はどれくらいですか?
便器(トイレ)は割れなければ一生ものという説もありますが、やはり汚れや変色、水漏れが交換サインとなる場合がほとんどです。一般的に10年から15年と言われていますが最新のトイレでは100年経っても汚れが付かないモデルも販売されています。

便器自体は耐久性があるものと考えてもよさそうですが、便器に接続されているパイプやトイレタンク内の部品は消耗品と考えるのがいいかもしれません。部品や便器の劣化は掃除の頻度、使用頻度(家族の人数など)にもよりますが、内部部品は5年から6年で交換をお勧めします。
【便器】便器のつまりを取る方法は?
大量のトイレットペーパーを使ったときや、異物を落としたことに気付かず流してしまったとき、便器がつまってしまうことがあります。つまったものによっては専門の工事店でないと直せませんが、「ラバーカップ」という道具さえあれば直せる場合もあります。ラバーキャップで直されるお客様は「ラバーカップを使用しても、つまりがとれません」のQ&Aもご確認下さい。
【便器】ラバーカップを使用しても、つまりがとれません
ラバーカップを使用することで、逆につまりの原因をトイレの内部から排水管へと押しやってしまい、つまり除去がさらに困難になる場合もあります。トイレでのつまりトラブルの多くはつまりを直そうと頑張ってしまい、逆につまり具合を悪化させてしまう場合があります。その際は、トイレ本体を取り外してつまりの原因を取り除く作業になってしまいます。
【便器】ティッシュペーパーをトイレに流すと詰まりますか?
ティッシュペーパーとトイレットペーパーは同じような紙素材に見えてまったく違うため、ティッシュペーパーはトイレに流すとつまりの原因になります。

トイレットペーパーはトイレに流す(溶ける)前提に作られており、水と水の流れにより繊維の結びつきがほぐれやすい状態でできています。逆に、ティッシュペーパーは水に流す前提で作らていないので、繊維の結びつきが強く、水は吸収するがほどけにくい繊維が使用されているため、トイレに流れても排水パイプ内で詰まるということになります。
【便器】便器洗浄後、時々細かい汚物やペーパー片が残る
「お客様の体調や食べ物によって排出物の固さや大きさ,比重など異なる」ために、ご使用される方の様々な排出物を1回の洗浄で完全に流しきれないケースもあるかと思われます。同様に水に溶けてバラバラになりやすいペーパーもあり、1回の洗浄で流しきれないケースもあります。 その場合はもう一度流してください。
また、タンク内の洗浄水量が規定の水位より少ない場合にも残るケースがありますので、一度タンク内の水位をご確認ください。
【便器】トイレに入ったら、便器内の水たまりの水が減ったり、なくなっている
小用後、トイレットペーパーを使用して「小」で洗浄する際に、小レバーを完全に廻しきれていないなどで洗浄水量が少ない場合、便器の水たまり(トラップ)内にトイレットペーパーが引っ掛かった状態となり、トイレットペーパーが徐々に水たまり内の水を吸い、封水切れを起こすことがあります。(毛細管現象)。 また、便座クリーナーを流した場合も、同じような不具合が発生することがあります。故障ではありません。
【便器】便器洗浄後、ボウル内に汚物が付着する
「お客様の体調や食べ物によって排出物の大きさ、比重、粘性、排出量など異なる」場合や、「着座されている時間」、「着座される位置」などによって便器ボウル内に汚物が付着するケースがあります。
【便器】タンクレス便器で停電した場合の汚物排出方法は?
非常操作レバーで洗浄できるタイプがあります。
【便器】便器洗浄後、便器の水が減ったり、なくなったりする
排水管が浄化槽や下水管までの間にいくつも曲がっていたり、排水管に通気が取られていない場合、便器からの汚物を含む洗浄水が流れると同時に空気も一緒に引っ張ります。
そのために、排水管内で負圧(排水管からの引っ張る力)が発生して便器内に溜まった水を吸い込むために便器内の水がなくなったり、減ったりすることがあります。故障ではありません。
【便器】以前に比べて便器の洗浄が弱くなっている
電気が来ているかどうかを確認しましょう。
便器水溜り面中央部にある洗浄穴のまわりに固いものが固着していませんか?
もし、固着していれば、それは尿石です。尿石が洗浄穴をふさいでいるために洗浄力が弱くなっています。

尿石は、酸性洗剤でこすり取るか、業務用尿石除去剤で除去できる可能性があります。
酸性洗剤・尿石除去剤はネット通販などで手に入れることが可能です。
【便器】洗浄させたら便器内に多量の水が流れ続ける
便器洗浄レバーハンドルについている玉鎖が外れて排水する弁に挟まって止水できない可能性がありますので、一度タンク内の玉鎖の状態をご確認ください。
【便器】洗浄させたら便器内に水が「チョロチョロ」流れ続ける
便器を取り付けた際に便器洗浄レバーハンドルについている玉鎖の取り付け位置が、正規の位置になっていない可能性がありますので、正しい位置に取り付けなおしてください。
【便器】便器を洗浄させたら、便器内で「ボコン」とエアーがでてくる
便器の上部からボウル内に洗浄水が出てくる穴があります。その穴の先端部(前側)にストロー状の空気穴がありますが、その空気穴が詰まったために空気の抜けが悪くなり「ボコン」と音がします。
【便器】便器洗浄後、床下の排水管から「ピシャピシャ」と音がする
音が10分以上続いていますか?
便器から排出された水が床下にある排水管を伝って落下する音です。
約10分間以内で止まれば正常です。10分間以上続くようであれば修理依頼となります。
【便器】便器の洗浄音がショールームで聞いたときよりも大きいと感じる
ショールームは広い施設のため空間が大きく、洗浄音が空間に吸収されたり、他の雑音などで小さく感じがちです。ご自宅などでは静かなため、洗浄音がトイレの壁などに反響してショールームでお聞きになった時より大きく聞こえる場合があります。
【便器】便器を洗浄させたら、「ゴボッゴボッ」と音がする
汚物が便器から排出される際に、空気も同時に吸い込んで排水管内で交じり合います。通気管がとられていない場合などに、水と空気が交じり合った時に「ゴボッゴボッ」と音がします。便器の異常ではありません。
【便器】便器洗浄後、タンク内部から「パタン」と音がする
レバーハンドルを廻すと排水弁が開き、タンク内の水が排出されます。排出後に排水弁が閉じて水をタンク内に溜めます。排水弁が閉じる際に「パタッ」と音がします。便器の異常ではありません。
【便器】便器洗浄後、便器や他の器具から「ゴツッ」・「ガタン」と音がする
タンク内に貯水させたり、止水させる役目のボールタップというものがあります。 ご使用されているご家庭の水圧が高い場合に、タンク内に流れてくる強い水勢をボールタップの弁で急激に止めるために、その反動で「ゴツッ」・「ガタン」と音がする訳です。
【便座】ウォシュレットやシャワートイレ(温水洗浄便座)のリモコンが動かない
本体電源、リモコンの電池切れ、センサーの汚れが考えられます。
【便座】ウォシュレットやシャワートイレ(温水洗浄便座)の寿命は何年くらいですか?
ウォシュレットやシャワートイレ(温水洗浄便座)の寿命は使用頻度や使用場所(寒冷地域など)にもよりますが、一般的に7年から10年と言われています。

寿命の年月にかなりの差がありますが、温水機能だけ壊れたまま使用したり、多少の水漏れやノズルの汚れ、電気基盤部分などを考えると5年位で点検が必要かもしれません。
【便座】ウォシュレットやシャワートイレ(温水洗浄便座)が作動しない
電気が来ているかどうかを確認しましょう。
・停電はしていませんか?
・ブレーカーは落ちていませんか?
・コンセントからプラグが外れていませんか?
・漏電遮断機が作動していませんか?
・コンセントに差しているプラグの「切表示ランプ」が点いていませんか?
・本体表示部の「運転ランプ」は点灯していますか?

水がでるかどうかを確認しましょう。
・断水していませんか?
・水道の元栓は閉じてしまっていませんか?
・水道の配管が凍結していませんか?
・マンションなどの給水タンクからの給水が止まっていませんか?
【タンク】手洗い器具からの水が止まらない
便器洗浄レバーハンドルについている玉鎖が外れて排水する弁に挟まって止水できない可能性がありますので、一度タンク内の玉鎖の状態をご確認ください。
【タンク】タンクに水が溜まらない
止水栓が閉まったり、開度が不足していないかご確認ください。
次に、タンク内を確認して浮玉が引っ掛かっていないかを確認ください。
【タンク】手洗い管から水が出ない
止水栓が閉まったり、開度が不足していないかご確認ください。
次に、タンク内を確認して浮玉が引っ掛かっていないかを確認ください。
【タンク】手洗いの金具からの水が少ない
止水栓が閉まったり、開度が不足していないかご確認をしてください。
それでも解消しない場合、タンク内のフィルターにゴミなどが詰まっている可能性がありますので、フィルターのお手入れを行なってください。
【タンク】1Fと2Fで手洗い水量に違いがある
止水栓が閉まったり、開度が不足していないか確認をして調整してください。
それでも解消しない場合、タンク内のフィルターにゴミなどが詰まっている可能性がありますので、フィルターのお手入れを行なってください。
止水栓を開けても、フィルターのお手入れを行なっても解消しない場合は、水圧が不足しています。
特に2Fに設置している便器の手洗い水量が少ない場合は、1Fと比べ水圧が低下するために手洗い水量が不足します。
【タンク】大洗浄と小洗浄で水量が変わらない
便器洗浄レバーについている玉鎖の取り付け位置が、正規の位置になっていない可能性があります。
【タンク】1Fと2Fで便器洗浄水量に違いがある
便器洗浄レバーについている玉鎖の取り付け位置が、正規の位置になっていない可能性がありますので、正しい位置に取り付けなおしてください。玉鎖の位置が適正の位置もしくは、玉鎖位置を適正位置に取り付けなおしても解消しない場合は、タンク内の止水位置をご確認ください。
【タンク】便器洗浄水量が少ないような気がする
便器洗浄レバーについている玉鎖の取り付け位置が、正規の位置になっていない可能性がありますので、正しい位置に取り付けなおしてください。
玉鎖の位置が適正の位置もしくは、玉鎖位置を適正位置に取り付けなおしても解消しない場合は、タンク内の止水位置をご確認ください。
【タンク】洗浄レバーのがたつき・ゆるみが気になる
レバーハンドルを固定するナットが十分に締め付けられていない可能性があります。
ナットを増し締めしていただければ解消します。
【タンク】陶器タンク本体のがたつきが気になる
陶器タンクを固定するナットのゆるみが考えられます。
ナットを増し締めしていただければ解消します。
【タンク】タンク手洗い金具のがたつき、ゆるみが気になる
手洗い金具を固定するナットが十分に締め付けられていない可能性があります。
ナットを増し締めしていただければ解消します。
【タンク】便器洗浄後、タンク内部から「ポタポタ」としばらく音がする
3分以上音が続きますか?
タンクに水が溜まった後にも、給水管内(ボールタップ)に残っている水が少しずつ落下している音です。3分間程度で止まれば正常です。3分間以上滴下が続くようであれば修理依頼となります。

レバーハンドルががたつく(外れた)
レバーハンドルががたつくのはハンドルを固定するねじの緩みが考えられます。お手元工具で調整可能です。

前面ねじ止め式の場合
1.インデックス(赤と青の表示)を精密マイナスドライバーなどで外してください。
2.レバーハンドルを上げた状態でハンドル内の固定ねじを六角棒レンチ(対辺3mm)を使用して時計回りに締め直してください。(十字穴ねじタイプの場合は、プラスドライバーを使用)
3.インデックスの向きを合わせて取り付けてください。

上面ねじ止め式の場合
1.レバーハンドル上面のキャップをマイナスドライバー等で取り外してください。
2.レバーハンドル内の固定ねじをプラスドライバーを使用して時計回りに締め直してください。(六角ねじタイプの場合は、対辺3mmの六角棒 レンチを使用)
3.キャップを取り付けてください。
水の出が悪くなった
吐水口、またはフィルターの詰りが考えられます。吐水口、フィルターのお手入れを行ってください。交換の場合は、商品によってはお取り寄せが可能です。
水が止まりにくい
水が止まらない要因は、残留水の排出、または内部部品(バルブカートリッジ)の故障などが考えられます。
シャワーホースが出し入れしづらい
キャビネット(収納庫)内の収納物または止水栓に絡まっている可能性が考えられます。
吐水量が少ない。
止水栓で調整可能です。
キャップがひび割れている。
キャップを交換します。商品によっては取り寄せ可能です。
ハンドルの下から水が漏れている。
三角パッキンを交換を行ってください。商品によっては取り寄せ可能です。
水栓と脚部の間から水が漏れている
脚部のパッキンを交換し、袋ナットを締め直します。パッキンは商品によっては取り寄せ可能です。
温度調節がしにくい
・湯側と水側の圧力差が大きい場合には止水栓を調節します。(特に、水側の水圧が高く、湯側の水圧が低いとき)
・フィルターの詰まりにより流量が低下している可能性があるので、フィルターの詰まりを確認し掃除します。
【サーモ】ぬるいお湯しか出ない・温度調節ができない
・温度調節ハンドルの設定位置がずれている可能性があります。適切な位置に設定してください。
・サーモスタット混合栓は給湯機で設定された温度よりぬるめのお湯が出ます。
適温(約40℃)でお使いいただくために、給湯機の設定温度は50~60℃の範囲内での設定をおすすめします。

何年か使用しているうちにコンロの炎が赤くなってきた
コンロの炎が赤くなる原因として、下記の内容が挙げられます。

【ご使用されている鍋にススが付かない場合】
1.空気中のチリやホコリなどが炎に触れ、炎色反応が生じる
2.グリル使用時にコンロを使用すると、焼物の塩分(ナトリウム)やカルシウムが燃えて炎が赤くなる
3.加湿器を使用すると水分に含まれるカルシウムが燃えて炎が赤くなる

上記の1~3については、異常ではありませんので、そのままご利用いただけます。

【ご使用されている鍋にススが付く場合】
まず.バーナーキャップに 目詰まりが無いかご確認ください。目詰まりがあると炎が赤くなり、鍋にススが付くことがあります。
バーナーキャップに汚れや目詰まりがある場合は、ブラシや針金などで掃除をしてください
また、バーナーキャップが変形していないかご確認ください。変形している場合も、同現象となります。
バーナーキャップが変形している場合、バーナーキャップのお取替えが必要となります。
押しボタン式のコンロの点火ボタンが押せなくなった
押しボタン式のコンロには誤作動を防止するためのロック機能がついています。点火ボタンの近くに「ロック」と書かれたつまみがあるので「解除」してみてください。
点火はしますが、しばらくすると火が消えてしまいます
器具の立ち消え安全装置が作動していると思われます。

立ち消え安全装置が炎をうまく感知できないため、安全装置が働いてガスを遮断しているものと思われます。ガスバーナーの周りに鉛筆の先のような形をした(立ち消え安全装置や点火プラグ)ものが出ていると思いますので、先が汚れていないかご確認ください。汚れているようでしたら、使い古しの歯ブラシなどで、こすってみてください。また、温度センサー付コンロをお使いの場合は、温度センサー部分も汚れていないかもご確認ください。

鍋底に温度センサーが密着していないと
温度センサーが鍋底の温度を正しく検知出来ず、途中消火等の原因になります。

<お手入れ方法>
(立ち消え安全装置・点火プラグのお手入れ)
軽い汚れは、やわらかい布などで拭取ります。汚れがこびりついている場合は、毛がやわらかい歯ブラシなどでお手入れしてください。

(温度センサーのお手入れ)
温度センサーは、片手を添えて、水に浸し固くしぼった布で頭部と側部の汚れを拭取ってください。
点火ボタン、または、点火つまみから手を離すと火が消えてしまいます。どうしたらよいですか?
【温度センサーが1つも付いていないコンロの場合】
商品の立ち消え安全装置(煮こぼれや風などで万一火が消えても自動でガスを止める装置)が炎をうまく感知できず、点火ボタンや点火つまみから手を離すと安全装置が働いてガスを遮断しているものと思われます。

ガスバーナーの周りに鉛筆の先のようなものが出ていますので、先が汚れていないかご確認ください。
もし、汚れている場合は、使い古しの歯ブラシなどで掃除してください。

また、バーナーキャップが正しくセットされていない可能性もありますので、合わせてご確認ください。

【温度センサーが付いているコンロの場合】
乾電池の残量が少ない。また、温度センサーが汚れている可能性があります。

乾電池を新しいものに交換していただき、
温度センサーに片手を添えて、水に浸し固く絞った布で温度センサーの頭部や側部をふき取ってください。
バーナーキャップのお手入れ後に点火したら炎が不揃いになりますが、どうしたら良いですか?
バーナーキャップが正しく取り付いていないと思われます。バーナキャップを正しく取り付け直してください。

バーナーキャップを正しく取り付けないと、
・点火しない場合があります
・炎の不揃いや、炎がもぐりこんで不完全燃焼、一酸化炭素中毒の恐れや、バーナーキャップが変形する場合があります
・機器の中に炎がもぐりこんで、焼損する原因になります
コンロで味噌汁を温めていたら、突然大きな音とともに鍋がひっくり返ってしまいました
これは「突沸(とっぷつ)」という現象です。
味噌や具が沈殿して鍋底の水を閉じ込めてしまい、その中の水が爆発的に沸騰するために起こる現象です。
味噌汁を温めるときには、時々、鍋の底をかき回してください。
コンロで焼き網を使うと火が消えてしまいます
Siセンサーコンロでは、焼き網を使用するとセンサーが正常に作動せず、途中で火が消えてしまいますので、焼き網の使用はできません。
グリルを使用すると、グリル上部の天板が、かなり熱くなります
グリルからの熱伝導で熱くなるもので異常ではありません。
コンロの点火スイッチを押したとき、すべてのバーナーに火花(スパーク)が飛びますが、異常でしょうか?
この現象は、正常な状態です。
1つの点火ボタンを押すと、すべてのバーナーに火花が飛ぶしくみになっています。

バーナー個別に火花を飛ばそうとすると、スパーカーが個別に必要となり、また配線も複雑になります。
なお、バーナー個別に火花を飛ばす場合と、全てのバーナーに火花を飛ばす場合の電気量はほとんど変わらないため、全てのバーナーに火花が飛ぶようにしています。

また、他のバーナーに火花が飛んでも、点火ボタンを押していないバーナーからはガスは出ないしくみとなっていますので、ご安心ください。
点火ボタンを押していないのに、コンロからブザー音が鳴ります
タイマーや便利機能を使って自動で火が消えた時、安全装置が作動し火が消えた時など、操作ボタンを消火位置に戻す必要がありますが、戻し忘れるとブザー音でお知らせします。
解消するには、戻し忘れの操作ボタンを押して消火位置に戻してください。
火花(スパーク)は飛ぶのに火がつきません
火花(スパーク)が飛んでも火がつかない場合は下記をご確認ください。

①ガスは出ていますか?
※点火操作時に、ガスのにおいや音はしていますか?
ガスが出ていない場合、一度、ガスの元栓を閉め、開け直してみてください。
なお、ガスが出ていても、取り付けた直後や、長期間使わなかった後の最初のご使用時には、ガスホースの中に空気が入っているので、点火しないことがあります。充分な換気をしながら、何回か点火操作を繰り返してください。

②点火操作をしっかりとしていますか?
点火操作をして、操作ボタン(またはつまみ)から手を離すと、火花(スパーク)は止まりますか?
この場合、操作ボタン(またはつまみ)から手を離すタイミングが早い可能性がありますので、しばらく押し続けてください。

点火操作をして、操作ボタン(またはつまみ)から手を離しても、火花(スパーク)は止まらない商品の場合は、操作ボタン(またはつまみ)を、しっかり奥まで押し込んでください。
コンロの火が、調理途中で弱火になったり強火になったり、消えてしまうことがある。どうしてですか?
コンロバーナーの真ん中にセンサーが付いているものでは、センサーで鍋底の温度を検知して、火力を自動的に調整しています。
揚げ物温度調節機能の使用中はその設定温度で、その他のモードでは約250℃で自動調節しています。
また、高温モード(センサー解除)のときは、約290℃で自動調節しています。
いずれの場合でも、火力を弱にしてもまだ温度が上がる場合は、自動的に消火してしまいます。
油の異常加熱による発火やうっかり過熱で、鍋を傷めることを防ぐ安全装置として働いています。

レンジフードのスイッチを押しても動かない
・分電盤のブレーカーを入れてください。
・電源コードのプラグに抜けや緩みが無いよう、しっかり差し込んでください。
・製品内部のスイッチをONにしてください。
・レンジフード用の壁スイッチ(電源スイッチ)がある場合は壁スイッチの状態を確認してください。壁スイッチが切れている場合はスイッチを入れてください。
リモコンのスイッチを押しても動かない
・リモコンのスイッチを押しても送信確認ランプが点かない場合は電池の交換時期を迎えています。リモコン操作で製品が作動しない場合は電池の向きを確認のうえリモコンの電池を交換してください。

・リモコンのスイッチの送信部やレンジフード側の受信部が油などで汚れていると受信性能が低下します。送信部や受信部は定期的にお手入れをして頂くようお願い致します。

・リモコンからの発信が手や頭などでさえぎられると作動しない場合があります。信号をさえぎらないように操作してください。
スイッチを押すと起動音が鳴るが動かない
スイッチロックを解除してください。
弱や強運転のみ動く・いずれも動かない
コネクターは正しい向きで、奥まで確実に差し込んでください。
(ツメ部が引っ掛かるまで差し込んでください)
吸い込みが悪い
・マンションなど気密性の高い環境でご使用になる場合は必ず給気口や窓を開けてください。

・市販の使い捨てフィルター(金属性以外)などをご使用になりますと、吸い込み不良となるおそれがあります。レンジフードの性能を維持するため、フィルターは純正の金属製フィルターをご使用ください。

・フィルターは1ヶ月に1回程度のお手入れをおすすめします。 お手入れは中性洗剤を溶かしたぬるま湯に浸した後、やわらかいスポンジなどで洗ってください。

・弱または中運転で「吸い込みが悪い」と感じた場合やIHクッキングヒーターご使用時、 レンジフードは「強運転」でのご使用をおすすめします。

・エアコンなどから直接風を受けますと油煙が流れ、煙などの吸い込みが悪くなります。
特にIHクッキングヒーターご使用時はガスコンロと異なり上昇気流が少ないため、風向きにはご注意ください。

・防虫網付きパイプフードは汚れで目詰まりしやすく、異常音の原因にもなります。
目詰まりした防虫網がお手入れできる場合は、原因となっている汚れを取ってください。
ファンのツマミ(ねじ)が緩んでいる
ファンを取付ける際は、ファンの溝をモーターのシャフトピンに合わせながら差し込み、 ツマミを「しまる」の方向に回して締め付けてください。ツマミは止まるまでしっかりと締め付けてください。
レンジフードの前板がしっかり取付いていないためガタつく
施工やお手入れ後に前板を取り付ける際は、取扱説明書に記載の取り付け方に従い確実に取り付けてください。
外気の取り入れ不足(給気不足)により音がする
給気不足の環境下でレンジフードをご使用になると、多少の隙間からでも外気を吸い込もうとします。
特にエアコンのドレンホースやシンクの排水口では、吸い込もうとして水が逆流しポンポンと音がする場合があります。
レンジフードご使用時は必ず給気口や窓を開けてください。
屋外のパイプフード(ベントキャップ)による排気抵抗が大きい
パイプフードをお選びになる場合は防虫網の無いタイプをお選びください。
防虫網がお手入れ出来る場合は目詰まりの原因となっている汚れを取ってください。
屋外のウェザーカバーやダクト内の防火ダンパーが閉じている
施工時の取付不備や小火などにより防火ダンパーが閉じている場合があります。
調理時にレンジフードの表面部に付着した油がたれる
レンジフードの表面部に付着した油は調理終了後や後片付けの際、 中性洗剤に浸した布やキッチンペーパーなどでふき取ってください。
油が固まると汚れが落ちにくくなったり、たれてくることがありますので、日常的なお手入れをおすすめ致します。
レンジフードのフィルターが汚れて目詰まりしている
フィルターは1ヶ月に1回程度のお手入れをおすすめします。 お手入れは中性洗剤を溶かしたぬるま湯に浸した後、やわらかいスポンジなどで洗ってください。
オイルパックに油がたまらない
オイルパック(オイルトレー)にたまる油の量は、ご使用状況によってはほとんどたまらない場合もあります。 月に1回程度たまり具合をご確認頂き、油がたまっている場合は捨ててください。
水滴がたれてくる
冬季など気温の低い時期やIHクッキングヒーターをご使用時は、 フードが暖まりにくいためレンジフードへ結露が生じることがあります。
お手数ですが、その際は滴下する前にふき取ってください。
照明が点灯しない
・電球(ランプ)が緩んでいる、電球が切れている可能性があります。スイッチを切り、ランプカバーを開けて電球が緩んでいないか確認してください。電球が切れている場合は新しい電球に交換してください。 電球は必ずご使用製品の表示や取扱説明書で指定されたものをお使いください。

・コネクター接続に問題がある可能性があります。コネクターの接続忘れや接続不十分、差し込み間違いによる可能性があります。

【レンジフード】レンジフードのスイッチを押しても動かない
・分電盤のブレーカーを入れてください。
・製品のスイッチをONにしてください。
【レンジフード】照明が点灯しない
電球(ランプ)が緩んでいる、電球が切れている可能性があります。スイッチを切り、ランプカバーを開けて電球が緩んでいないか確認してください。電球が切れている場合は新しい電球に交換してください。 電球は必ずご使用製品の表示や取扱説明書で指定されたものをお使いください。
【レンジフード】吸い込みが悪い
・フィルターを掃除するなど、お手入れを行ってください。(フィルターがないタイプもあります)
・十分な給気を確保してください。
・エアコンや窓からの風が直接あたらないようにしてください。
【ガスコンロ】ガスコンロが点火しない/点火しにくい
ガスコンロは点火に電池を使用します。電池が消耗した状態だと、点火しにくくなったり、点火しなくなります。乾電池を新しいものに交換してください。
【IHクッキングヒーター】電源が入らない
・周囲で停電など起きていませんか?電源のブレーカーは落ちていませんか?
停電の場合は復旧までお待ち下さい。
なお、ご家庭によってキッチン用の個別ブレーカーが設けられていることがあります。
ご家庭の分電盤をご確認いただき、個別のブレーカーも「切」になっていないかをご確認下さい。

・オールロック※(チャイルドロック)されていませんか?
解除してください。

蛍光灯がちらつく
蛍光灯やグローランプの取り付けにゆるみがあるとちらつきます。
また、蛍光灯が切れかけている可能性があります。
周波数の切替設定が違っている場合には、設定を変更してください。
洗面台のトレイが汚れる
洗面化粧台のトレイは、静電気によるほこりの付着によって黒い汚れがつくことがあります。

トレイが黒く汚れた場合
1.黒い汚れは、濡れた布を固くしぼってふきとってください。
2.樹脂部が静電気を帯び、空気中に飛散しているほこりが引き寄せられている可能性がありますので、水で湿らせた布に少量の中性洗剤をつけてふき上げ、最後にからぶきしてください。
排水口が詰まって流れにくい
排水口のヘアキャッチャーが詰まっている場合は、ごみを取り除いてください。
解消されない場合は、市販の配管洗浄剤にて排水管の掃除をしてみてください。
鏡扉の閉まりが悪い
鏡扉のマグネットキャッチの高さが適切ですか?本体側にマグネットキャッチ機構がある商品があり、この部分の調整により解消できる可能性があります。
ミラーがくもってしまう
・鏡表面の保護フィルムが貼ったままになっていないか確認してください。
・洗面室の温度が高い状態になっていないかどうかを確認してください。
・鏡表面が汚れてくもり止め機能が低下していないか確認してください。
洗面ボウル(陶器部分)が汚れている
・洗面ボウル(陶器部分)についたピンク色の汚れは、バクテリアが原因の可能性があります。スポンジなどで拭いて、ある程度落ちるか確認してください。

1.スポンジで軽く汚れを落とします
2.汚れの部分にティッシュペーパーを敷き、浴室用中性洗剤を拭きつけパックします。
3.10~20分程したらティッシュペーパーを外し、水拭きで洗剤分を取り除きます。
4.空拭きして仕上げます
キャビネットの扉ががたつく・ずれている
キャビネットの扉が長年の使用でがたついたり、ずれたりしたときは、丁番で調整してください。時計回りに回すと締まります。

【浴槽】浴槽に赤茶けた汚れが付いた
浴室の浴槽はFRPというプラスチックで出来ていますので、物自体はさびませんが、ヘアピン・カミソリなどさびるものを置いたり、水道水の中の鉄分がさびることにより、さびが付着することがあります。(このことを「もらいさび」と呼びます)

復活洗浄剤を使うと除去できる可能性があります。
【浴槽】浴槽排水の流れが遅い
・ワンプッシュ排水栓
排水栓を取り外し、排水栓と排水口内部の髪の毛・汚れを取り除きます。

・ゴム栓
ゴム栓を持ち上げ、フィルターについた髪の毛・ヌメリや水アカを取り除きます。

・排水トラップ
トラップカバーを持ち上げ、部品を取り外し、ヘアキャッチャー・排水筒・排水ピースの髪の毛・汚れなどを取り除きます。
【浴槽】浴槽のお湯が抜ける
・ワンプッシュ排水栓
押しボタンを押して開閉しない場合は、メーカーメンテナンスが必要です。
開閉する場合は、排水栓を分解してゴミなどを除去してください。
また、パッキンなどに亀裂が無いか・ねじれていないかご確認ください。亀裂やねじれは、交換が必要となります。パッキンの部品は、商品によってはお取り寄せが可能です。

・ゴム栓
交換で改善されることがほとんどです。商品によってはお取り寄せが可能です。
※鎖の付け根の形により、交換する範囲が異なります。(鎖ごと交換・ゴム栓のみ交換)
【浴槽】ワンプッシュ排水栓で排水時に異音がする
排水口の排水栓がうまく取り付いていない可能性があります。
【浴槽】浴槽が青くなった
銅石けんを使っていませんか?給湯機内部や配管に使われている銅管からわずかに溶け出した銅イオンと、石けんやあかに含まれる脂肪酸が反応してできます。
銅イオンは単独では青く染まりません。また、人体への影響もありません。

浴槽用中性洗剤で除去できる可能性があります。
【床】洗い場の排水口の流れが悪い
排水トラップのトラップカバーを持ち上げ、部品を取り外し、ヘアキャッチャー・排水筒・排水ピースの髪の毛・汚れなどを取り除きます。
【床】床の乾きが悪い
シャワー使用時、および使用後数分は足元に水が溜まっていますが異常ではありません。
溜まった水は床の溝に沿ってゆっくりと引かれていきますので、溝に皮脂やリンス・油分などの汚れが付着すると排水性能が落ちます。

翌日になっても乾いていない場合、換気不足、または床表面への汚れ付着が考えられます。床の掃除を行ってください。
【床】浴槽に赤茶けた汚れが付いた
床はFRPというプラスチックで出来ていますので、物自体はさびませんが、ヘアピン・カミソリなどさびるものを置いたり、水道水の中の鉄分がさびることにより、さびが付着することがあります。(このことを「もらいさび」と呼びます)

復活洗浄剤を使うと除去できる可能性があります。
【鏡】鏡がくもる
浴室で使用している鏡は蒸気の影響でくもることは避けられませんが、使い方の工夫でくもりを防ぐことができます。

鏡に薄めた石鹸、シャンプー、ボディソープを手で泡立て、鏡に塗り、さっとシャワーで洗い流すことで水膜ができてくもりにくくなります。
【水栓】ぬるいお湯しか出ない・温度調節ができない
温度調節ハンドルの設定を確認し、適切な位置に設定します。

サーモスタット混合栓は給湯機で設定された温度よりぬるめのお湯が出ます。
適温(約40℃)でお使いいただくために、給湯機の設定温度は50~60℃の範囲内での設定をおすすめします。
【水栓】水の供給量が少ない
止水栓の調整・お掃除で解決できる場合があります。
製品により調整方法・掃除方法が異なりますので、メーカーHPにてご確認下さい。
【水栓】シャワーを止めても水がポタポタと落ちる
水の表面張力が働いて内部の水が流れ出すのを防止していますが、一旦水が流れ出るとシャワーヘッド内に空気が入るためシャワーヘッド内の残水が吐水穴の下の部分まで流れ続けますが異常ではありません。

シャワーヘッドを外し、水があふれてくるような場合には、異常ですので、ご相談ください。

地上波が映らない
・放送切り替えボタンで地上波デジタル放送に切り替えてください。
・お住まいのエリア設定をしてください。
・受信レベルの確認をしてください。
浴室テレビの電源が入らない、電源が勝手にオフになる
・ブレーカーが落ちていないか確認してください。
・停電が発生していないか。また停電が発生したあと、すぐに電源をオンにしていないか確認してください。
・オフタイマーまたは無操作タイマーが設定されているか確認してください。

これらに当てはまらない場合は、交換・修理が必要になる可能性があります。
浴室テレビの映像・音声が出ない、受信しない
・「外部切替」が「外部入力1」もしくは「外部入力2」になっていないか確認してください。
・B-CASカードが正しく挿入されていないか確認してください。
・地上デジタル放送がエリア外ではないか確認してください。
・受信状態が不安定である可能性があります。
浴室テレビの音声が出ない、雑音(ノイズ)が入る
・音量調整が最小になっていないか確認してください。
・「消音」状態になっていないか確認してください。
・スピーカーに水がつまっていないか確認してください。
浴室テレビのリモコンが効かない・作動しない
・リモコンの電池は正しく挿入されていますか、また発光部は汚れていないか確認してください。

発行部が汚れている場合は、汚れを除去してください。
画面に「地上デジタル放送のスキャン」または「試運転モード」のような表示がされている
各製品で設定方法が異なりますので、「浴室テレビの設定」を各メーカーHPや取扱説明書でご確認ください。

試運転モードの場合は、地上デジタル放送のスキャンを行い、B-CASカードの使用承諾などの設定が必要です。

ギシギシと音がしたり、キュルキュルと音が鳴る
モーター内のベアリングの劣化などが考えられます。
メーカーに、点検・修理のご依頼をすることをおすすめ致します
換気扇がうるさい
換気扇にほこり等が蓄積していると、異音が発生する場合があります。
誇りを掃除機などで除去してください。

※清掃時は必ず電源を切ってから行うようにしてください。
リモコンのスイッチが入らない
分電盤の電源ブレーカーが落ちていないかご確認下さい。
換気風量が少ない・乾燥・暖房の性能が落ちた
フィルターが目詰まりしているほこりが詰まっている場合があります。
フィルターを抜き取り、掃除機などでほこりを取り除いて下さい 。

※清掃時は必ず電源を切ってから行うようにしてください。
浴室暖房換気乾燥機の寿命は?
浴室暖房換気乾燥機も機械のため、故障や部品の経年劣化があり、寿命の目安はおおよそ10年程度です。
ただし、使用頻度によっても寿命は変わりますし、機械そのものの個体差もあります。
換気風量が少ない
グリルからフィルタを抜き取り、フィルタにほこりが付いている場合は、掃除機等でほこりを吸い、再度グリルに取り付けて換気状態を確認してください。

グリルの換気吸い込み口から吸気しているかを確認してください。グリルの換気吸い込み口に2枚組のティッシュを当ててティッシュが吸い付くか確認してください。2室換気および3室換気の場合、洗面所またはトイレに設置されている吸い込み口グリルからも換気しているのでティッシュを当てて吸い込んでいるか確認してください。
吸い込んでいない場合は、メーカーのメンテナンスが必要です。
リモコンで時計表示がされない
停電などで電源が遮断された可能性があります。時計を合わせてください。

製品によっては時計を表示しない設定にすることもできますので、取扱説明書でご確認して、時計を表示させてください。
浴室乾燥機をつけても乾かない
乾燥性能は浴室の湿度・温度が影響します。
洗濯物の間隔を十分あけると、乾燥時間が短縮されます。

浴室乾燥機から温風が出ない、金属音等の異音がする場合は故障の恐れがあります

お湯がぬるい、リモコンで設定した温度にならない
サーモスタットタイプの混合水栓使用時でお湯がぬるい場合は、リモコンの温度設定(給湯機から出るお湯の温度)をご使用の温度(サーモスタットタイプの混合水栓で設定する温度)より10℃以上高めにしてください。
シャワーの勢いが弱い
エコキュートは、お湯をタンクに貯める方式ですので、水道直圧式のガス給湯機より、シャワーの勢いは多少弱くなることがあります。気になる方には、パワフル高圧タイプをおすすめします。また、浴室リモコンを優先にして、給湯温度を高くして水と混合しながらシャワーすると、多少強くなります。また、シャワーヘッドを節水式に交換していただくと、勢いも増し、更にお湯の節約にもなります。
浴槽に勝手に水やお湯が出てくる
・浴そうの循環口付近までお湯が減ると、自動配管洗浄のためお湯が出てきます。
・外気温が低いとき、ふろ配管内部の凍結予防のため、貯湯タンク内のポンプが作動して、ふろアダプターから勝手に水が出ることがあります。
昼間に沸き上げ運転を行う
エコキュートは主に、夜間の割安な電気を使ってお湯を貯めますが、使い方によっては昼間も運転する場合があります。
昼間に運転する理由
1.毎日のお湯の使用量が、夜間電力だけで貯湯する量を上回った場合。
2.普段よりも多くお湯を使った場合。
3.使用パターンにより昼間沸かした方がより経済的な時。
貯湯ユニットから水がポタポタ漏れている
沸き上げ中は、タンク内の水が膨張して、排水口や排水配管から水が出ます。
ヒートポンプユニットから水が漏れている
沸き上げ運転時のヒートポンプユニットでは、背面の空気熱交換器(アルミ板と銅管でできた部品)が低温となり、湿気を含んだ空気に触れて結露が起こります。
一般にこの結露水は沸き上げ運転時は常に発生することとなり、多いときで一晩に10リットル程度です。